おちょやん第84回・家庭劇の解散を受け入れられない千代

2021.3.31 08:15

一平(成田凌)と話しをする千代(杉咲花)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第84回(4月1日放送)では、一平が「鶴亀家庭劇」の解散を宣言する。

福助(井上拓哉)に続き、劇団の百久利(坂口涼太郎)までもが出征。千代は意気消沈しかけるも気丈にふるまい、芝居を続けようと座員たちを引っ張っていく。しかしその矢先、座長の一平(成田凌)が「鶴亀家庭劇」の解散を宣言する。戦況悪化で採算がとれない鶴亀株式会社の大山社長の経営判断でもあった。

納得できないながらもそれぞれに事情を抱える劇団員たちは、渋々飲み込んでいく。しかし千代は、またひとつ大切なものを失う現実を受け入れられず・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本