おちょやん第77回・千代、新しい家族に違和感

2021.3.22 08:15

天海家・居間にて、松島寛治(前田旺志郞)にあることを言う千代(杉咲花)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第77回(3月23日放送)では、千代が寛治に対してお母ちゃんのように振る舞う。

「鶴亀」株式会社の熊田(西川忠志)に頼まれ、父親を亡くし、身寄りのない松島寛治(前田旺志郎)を一カ月ほど預かることになったヒロイン・千代(杉咲花)と一平(成田凌)。

しかし千代は、一見すると天真爛漫な寛治の振る舞いにどことなく違和感をおぼえる。それでも身の上を思い、千代はお母ちゃんのように振る舞おうとする。

ある日「福富楽器店」で寛治は、戦争ごっこ好きの息子と噛み合わない福助から、吹いてみたいとトランペットを拝借する。しかし手を滑らせてしまい・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本