おちょやん第64回・ぼう然としたまま、帰路につく2人

2021.3.3 08:15

一平の話を聞く千代(杉咲花)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第64回(3月4日放送)では、一平と千代がぼう然としたまま、京都をあとにする。

幼き日より、一平(成田凌)が恨んできた父・天海天海(茂山宗彦)のそぶりからは、到底想像できない事実を突き付けられた一平と千代(杉咲花)。ぼう然としたまま、2人は京都をあとにし、道頓堀の帰路につくのだった。

ときを同じく、千之助(星田英利)も天海から口止めされていた事実を「鶴亀家庭劇」の座員たちに話し始める。そして、天海と千之助の2人以外にこのことを唯一知っていたあの人も、一平と千代の帰りを待ちわびていて・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本