若村麻由美が演じる朝ドラ・千鳥、「孤高の人」が再登場

2021.2.11 08:30

連続テレビ小説『おちょやん』で山村千鳥役を演じる若村麻由美 (C)NHK

(写真9枚)

ヒロイン・竹井千代を杉咲花が演じる連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。千代が舞台女優を目指し弟子についた師匠・山村千鳥役の若村麻由美が、その役柄について語った。

ヒロインとして連続テレビ小説『はっさい先生』(1987年後期)でデビューした後、『純と愛』(2012年後期)『半分、青い。』(2018年前期)と出演し、朝ドラは『おちょやん』で4作目の若村。

「4本中3本がNHK大阪で制作されているので、まさに『帰ってきた!』という感じがします」と話し、「『純と愛』のときもそうですが、なぜかNHK大阪に戻ると、私はどなりまくってばかりで(笑)」とうれしそうだ。

演じる千鳥については、「実は天邪鬼かもしれませんね」と分析。「人を思いやっていても、それを表現することが恥ずかしく素直に出せず、わざと人を寄せつけないようにも見えます。孤独な人というより、孤高の人なのかも」という。

ヒロイン役の杉咲花とは、今回で3回目の共演。「これまで母娘役、それもいつも強すぎる母ゆえ娘を支配して、精神的にも追い込むというような役ばかりだったのですが、今回は師匠と弟子。でも今回は厳しい師匠ではありますが、千代も強くて負けてないですね」と、役柄の関係性に心地よさを感じているようだ。

演技については、「杉咲さんは笑顔もとてもかわいいんですけど、キリッとした顔もとても良くて。叱られたり嫌なことをされたときのキッと見返す顔が、実に良いです」と評価した。

本編ではその千代を撮影所に紹介して以降は出番がなかった千鳥だが、2月6日に放送された予告ではチラリとその姿が登場。

視聴者からは、「次週、山村千鳥様復活?」「千鳥さん楽しみ、早くこいこい来週」「千鳥さん再登場!うれしい」とSNS上には待望の声が多数あがった。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送は、NHK総合が朝8時から、BSプレミアム・BS4Kが朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本