朝ドラ初出演・明日海りお「思い切りやろうとふっきれた」

2021.2.11 08:45

高峰ルリ子を演じる明日海ルリ子 (C)NHK

(写真5枚)

杉咲花が演じるヒロイン・千代の生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。朝ドラ初出演となる女優・明日海りお(あすみ・りお)が、撮影でのエピソードについて語った。

千代(杉咲花)が参加する新しい喜劇の一座「鶴亀家庭劇」の座員となった、明日海演じる高峰ルリ子。東京の新派の名門劇団出身でプライドが高く、最初は喜劇をバカにしていたが、徐々に女優魂に火がついていく・・・という役柄だ。

朝ドラ出演について、「小さな頃から家族と朝ごはんを食べながら見ていたので、自分にとって生活の一部でした。そんな番組に自分が出演するということが信じられない気持ちと、初めて出演できるといううれしい気持ちの両方です」と喜んだ明日海。

5年半にわたって宝塚歌劇団・花組男役トップスターとして活躍し、2019年に退団。撮影現場では「宝塚歌劇団のときの癖で、演じようとすると大きな声を出してしまうので、なるべくナチュラルな発声でやろうと思って撮影に臨んだ」という。

しかし、「実際に初めてリハーサルに参加したときに、千代ちゃんをはじめみなさんが本当にパワフルでエネルギッシュで、『ボリュームとかそんなことを気にしている次元じゃない、 思い切りやろう』とふっきれました」と心情の変化を明かした。

新劇団・稽古場にて、稽古をする千代(杉咲花)と高峰ルリ子(明日海りお)(C)NHK

また、「ヒロインの千代ちゃんも一平さん(成田凌)もとても包容力があって落ち着いていて、周囲の人たちが演じやすいようにリラックスさせてくださっています。でもいざ撮影が始まると集中力を瞬時に発揮して空気をガラリと変えてくださるんです」と、撮影を振りかえる。

そして、「ヒロイン・千代ちゃんの人生は波乱万丈です。1日15分のなかに涙あり、でも笑いもたくさんある毎朝のドラマを楽しんでいただき、良い1日の始まりになれば。私の演じる高峰ルリ子も、最初は嫌な人だと思ったけどかわいげもあるなと思っていただけたらうれしいです」とアピールした。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本