おちょやん第46回・喜劇未経験の劇団メンバーに不安尽きず

2021.2.6 08:15

新劇団・稽古場にて、稽古をする千代(杉咲花)と高峰ルリ子(明日海りお)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。「役者辞めたらあかん!」と題する第10週(2月8日〜12日放送)は、ヒロイン・千代の新しい喜劇一座が始動する。

第46回(2月8日放送)では、千代(杉咲花)が参加する一座が「鶴亀家庭劇」として船出した。しかし旗揚げ公演の稽古初日、座長の一平(成田凌)が書いた台本は千之助(星田英利)に却下されてしまう。

代わりに千之助が書いた「手違い話」という台本で、しかも主役は千之助がやると言い出す始末。さらに、旧「天海一座」以外の劇団メンバーは新派、歌舞伎、歌劇団の寄せ集めの役者で、喜劇未経験者ばかりの芝居に一平らの不安は尽きず・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本