おちょやん第43回・旧天海一座役者への説得が勢いづくも…

2021.2.2 08:15

鶴亀座にて、ある人の登場に驚く千代(杉咲花)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第43回(2月3日放送)では、道頓堀の新しい喜劇一座に参加してもらうため、ヒロイン・千代が奔走する。

千代(杉咲花)は1番の実力者である千之助(星田英利)の元を訪ね、新しい一座に参加するよう頼むが、「自分を笑かしたら、一座に加わる」と無茶な条件を出される。一方、座長として指名された一平(成田凌)は旧「天海一座」の天晴(渋谷天笑)を訪ね、説得するもうまくいかない。

さらに鶴亀株式会社の大山社長(中村鴈治郎)が、「一座の初公演が失敗したら即解散し、二度と道頓堀を歩かせない」と追い打ちをかける。そんななか、一平の脚本を読んだ天晴が戻ってくる。次は徳利(大塚宣幸)の説得だと勢いづくが・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。放送はNHK総合で朝8時から、またBSプレミアム・BS4Kでは朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本