おちょやん第6週振りかえり・楽しい冒険つづけよう

2021.1.15 08:15

幻のシーンとなった聖剣を使うシーンの舞台稽古をする竹井千代(杉咲花) (C)NHK

(写真10枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。1月16日の放送回では、「楽しい冒険つづけよう!」と題して描かれた第6週(1月11日〜15日放送)を振りかえる。

いつか芝居の稽古をしてもらえると信じ、劇団座長・千鳥(若村麻由美)の世話係を続ける千代(杉咲花)。しかし、「千鳥一座」の客入りは、日に日に減っていた。

「半月後には劇場から出て行って欲しい」とまで言われ、危機感を持った座員の清子(映美くらら)は、子どもに人気の芝居『正チャンの冒険』を公演することを提案。「自分の意に沿わない芝居はしない」と反対した千鳥抜きで、この芝居をすることになる。

千代も役をもらい懸命に稽古をしていたが、本番前日に主役・正チャン役の清子が足を負傷。千鳥が反対するなか、唯一セリフを全部覚えていた千代が代役を務めることに。

早速稽古を始めたものの、発声の基本も知らない千代。座員があきらめて帰るなか、ひとりで芝居の稽古を続ける千代に、千鳥が芝居の稽古をつけ・・・。

SNS上では、正チャンの衣裳として使われたニット帽が画面に映ると「正ちゃん帽というのは正ちゃんの冒険からきてたんだね」という気づきの投稿が多数。

「そういえば、ポンポンがついた毛糸のニット帽のこと、明治生まれのおばあちゃんが正ちゃん帽って言ってたなー」「ニット帽を大人が正ちゃん帽と呼ぶのが昔から不思議だった」と話題にあがっていた。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。

土曜は、黒衣犬(桂吉弥)が解説するその週の振りかえり。放送は、NHK総合が朝8時から、BSプレミアム・BS4Kが朝7時半から。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本