「高橋一生ハマり役過ぎ」岸辺露伴は動かない第3回・DNA

2020.12.30 06:45

真央の様子を探る露伴(高橋一生) (C)NHK

(写真5枚)

荒木飛呂彦原作の『ジョジョの奇妙な冒険』のスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』。その実写版ドラマ(NHK)の3夜目(12月30日放送)は、『D・N・A』をピックアップする。

ちょっと風変わりで、リアリティを何よりも重んじる漫画家・岸辺露伴(高橋一生)が、取材先で遭遇する奇妙なできごとの数々がホラー風に描かれる本ドラマ。第3回では、露伴が自身の編集担当・京香(飯豊まりえ) からある頼み事をされる。

その頼みとは、記憶喪失となっている京香の彼氏・平井太郎(中村倫也)の記憶を探ること。太郎は著名な写真家だったが、6年前に交通事故に遭遇。一命は取り留めたものの、完全な社会復帰に至っていなかった。

京香に紹介され、露伴と話していた太郎。そこへバギーに女の子を乗せた片平真依(瀧内公美)が通りかかる。

すれ違い様バギーの奥から娘・真央の手が伸びると太郎の裾を掴んでしまい、太郎は転倒。その瞬間、露伴はシェードの奥から見つめる真央の目に異変を感じていた・・・。

第1夜の放送後からSNSには、「実写化のなかで、かなり上位の出来じゃないじゃろか」「原作への敬意を感じてかなり楽しめた」といった投稿があり、原作ファンからも好評の本ドラマ。

主演の高橋一生についても、「初っぱなから、あーこの一生さんの声色と台詞回し好きー!」「高橋一生がハマり役過ぎてニヤニヤ止まんない」と絶賛する声が多かった。

放送は、30日・夜10時からNHK総合・BS4Kにて。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本