おちょやん第9回・南河内の家族の近況

2020.12.9 08:15

竹井千代(毎田暖乃)にあることを伝える小林辰夫(烏川耕一) (C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第9回(12月10日放送)では、千代が思わぬところで家族の近況を知る。

女優・高城百合子(井川遥)の美しさと情熱的な演技に、魅了された千代(毎田暖乃)。劇場支配人の熊田(西川忠志)から手に入れた台本で、文字の勉強を少しずつ始める。

そんなとき、一平の父・天海が突然亡くなってしまい、劇場では盛大な葬儀がおこなわれた。

そこで「鶴亀」の社長・大山鶴蔵(中村鴈治郎)が、一平に2代目を継がせるよう一座の面々に伝えるのだった。

一方、千代は隣近所だった小林(烏川耕一)と道頓堀で遭遇。父・テルヲ(トータス松本)たち家族の近況を聞かされる・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。年内の放送は12月26日まで。年明けは2021年1月4日から再開の予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本