おちょやん第3回・父が愛する流星丸の値は

2020.12.1 08:15

峰岸のお屋敷の庭で、品評会に流星丸を持ってきた竹井千代(毎田暖乃)と父・テルヲ(トータス松本)(C)NHK

(写真5枚)

上方のコメディエンヌの生涯を描く、連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)。第3回(12月2日放送)では、ヒロイン・千代が父のテルヲと出かける。

新しい妻・栗子(宮澤エマ)を引き留めるため、一獲千金を狙って飼っていた鶏・流星丸を売る決断をするテルヲ(トータス松本)。

そこで、娘の千代(毎田暖乃)を連れ、観賞用の鶏の品評会が開かれるガラス工場の峰岸社長の屋敷を訪れる。

千代が見たこともない立派な鶏を、ほかの売り手たちが次々と差し出すものの、いっこうに首を縦に振らない峰岸社長(佐川満男)。

緊張で張り詰めた空気のなか、ついに千代たちの流星丸の番が巡ってくる・・・。

本作は、「松竹新喜劇」で喜劇女優として人気を博した浪花千栄子をモデルとした、明治の末から戦後を駆け抜けるヒロインの物語。年内の放送は12月26日まで。年明けは2021年1月4日から再開の予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本