エール第117回・裕一が娘に送るエール

18時間前

華の結婚式で挨拶をする父・裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真5枚)

いよいよ最終週を迎えた連続テレビ小説『エール』。第117回(11月24日放送)では、主人公・裕一が娘の華にエールを送る。

アキラ(宮沢氷魚)に華(古川琴音)が好きだという理由について、改めて問いただした裕一(窪田正孝)。そこで2人の本気を感じ、ついに華とアキラの結婚を許す。

2人の結婚式は仲間たちが勢ぞろいし、にぎやかに開催。音(二階堂ふみ)が見守るなか、新婦の父としてあいさつに立った裕一は・・・。

それから数年後、1964年に東京でオリンピックを開催されることが決定。準備が着々と進められるなか、開会式の入場行進曲の作曲を誰に依頼するかが検討され、裕一の名前も候補に挙がるが・・・。

本ドラマは11月27日まで(28日には振りかえり放送あり)。最終回では、キャスト総出演のコンサートで裕一のモデル・古関裕而さんの名曲が歌われることが発表されている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本