悲劇の女性・細川ガラシャ、NHKで明智光秀の娘を特集

2020.11.16 06:15

最新研究で細川ガラシャの素顔が明らかになってきた (C)NHK

(写真5枚)

歴史情報番組『歴史秘話ヒストリア』(NHK)の11月18日放送回で、明智光秀の娘・細川ガラシャを特集。強い意志を持って、時代の荒波に立ち向かった彼女の素顔に迫る。

「本能寺の変」をおこした明智光秀の生き様を描いたNHK大河ドラマ『麒麟がくる』。長谷川博己が演じる光秀の娘・たま(細川ガラシャ)役として、女優の芦田愛菜が9年ぶりに大河に出演することでも話題を集めている。

「本能寺の変」で織田信長を討ったのち、山﨑の戦いのあと、父・光秀が亡くなったことで「謀反人の娘」として幽閉されたガラシャ。

さらに、関ヶ原の戦いで、夫の細川忠興を西軍に引き入れようとした石田三成が、人質としてガラシャたち妻子を要求したため、自ら死を選んだ悲劇の女性としても知られている。

番組では、彼女が残した17通の手紙の最新研究に基づき、悲劇のかわいそうな女性というだけでなく、自身の意思を貫いて激動の時代を生きた彼女の人物像を掘り下げていく。

謀反人の娘になっても離縁しなかった夫の忠興との夫婦の絆とは、彼女が抱いた切なる願いとは、いかなるものだったのであろうか。

放送は11月18日の夜10時半からNHK総合にて。 再放送は12月22日の昼3時8分から。

文/いずみゆか

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本