エール第109回・浩二、リンゴ娘への複雑な心境

2020.11.11 08:15

「畠山リンゴ園」のひとり娘・まき子(志田未来)と話す浩二(佐久本宝) (C)NHK

(写真5枚)

残り3週に迫った連続テレビ小説『エール』。第109回(11月12日放送)からは、主人公・裕一の弟・浩二にスポットが当たる。

裕一(窪田正孝)は浩二(佐久本宝)に頼まれて、『高原列車は行く』の作曲のために、しばらく福島に滞在することにする。

ある日、役場の仕事で支援している「畠山リンゴ園」の会合に出席した浩二。

畠山家のひとり娘・まき子(志田未来)が親戚の会社で経理の仕事をするため東京に出ることを知り、複雑な心境になる。

そんななか、母・まさ(菊池桃子)が見合いの話を持ち出す。これまではいつも断っていた浩二だが、「行ってもいいよ」と言い出し・・・。

終盤に向かう今週、新たに志田未来が出演。ドラマは11月27日まで(28日には振りかえり放送あり)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本