志田未来がリンゴ農家娘役、美食探偵に続き朝ドラ・エールも

2020.11.7 08:15

福島のリンゴ農家・畠山家のひとり娘・まき子を演じる志田未来 (C)NHK

(写真3枚)

主人公・古山裕一と音の夫婦が、あらためて音楽は人々に喜びをもたらすと実感した連続テレビ小説『エール』の第21週(11月2日〜6日放送)。残り3週と迫る終盤に向け、今後の物語の鍵となる登場人物を演じる志田未来の出演が発表された。

『とと姉ちゃん』(2016年)以来の朝ドラ出演となる志田。「もう終盤に近づいてさらに盛り上がりを見せている『エール』に出演させていただけると聞いて、どんな役なんだろうと、とてもワクワクしました!」と興奮した様子だ。

演じるのは、主人公・古山裕一の弟・浩二(佐久本宝)が支援している福島のリンゴ農家・畠山家のひとり娘・まき子。志田は、「まき子は、家族に愛されて大切に育ててもらった1人娘という印象を受けました。音さんのセリフにも『まき子さんがいると明るくなる』というものがあったので、『常に笑顔でいる!』ということを意識して演じました」と話す。

志田は『美食探偵 明智五郎』(日テレ/2020年)でもリンゴ農家の娘役を演じたのは記憶に新しい。制作統括の土屋勝裕さんは起用理由について、「福島でリンゴを作っている農家の娘という雰囲気にふさわしく、芯の強さを感じられる俳優さんにお願いしたいと思い、オファーしました」と打ち明けた。

新型コロナの影響で一時中断した撮影も10月28日にクランクアップを迎えており、放送は11月27日まで(28日には振りかえり放送あり)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本