宮沢氷魚が初朝ドラ、歌手役に「ぴったりと思いオファー」

2020.11.7 08:15

ロカビリー歌手・霧島アキラを演じる宮沢氷魚 (C)NHK

(写真3枚)

主人公・古山裕一と音の夫婦が、あらためて音楽は人々に喜びをもたらすと実感した連続テレビ小説『エール』の第21週(11月2日〜6日放送)。残り3週と迫る終盤に向け、今後の物語の鍵となる登場人物を演じる宮沢氷魚の出演が発表された。

2017年に俳優として活動を始め、今回が朝ドラ初出演となる宮沢。「朝ドラ出演は念願だったので実現して本当にうれしいです」と喜ぶ。

演じるのは、ロカビリー歌手の霧島アキラ役。制作統括の土屋勝裕さんは、「英語も話せて、歌も歌えて、イケメンで、でも、ちょっと抜けてるところもありそうな、愛すべきロカビリー歌手の役ということで、ぴったりだと思いオファーしました」と打ち明ける。

今後の展開で、成長した古山夫婦の娘・華(古川琴音)が勤務する病院に入院することになる霧島。宮沢は、「途中参加ということで少しプレッシャーはありましたが、楽しく自由に霧島アキラを演じることができました」と無事に撮影を終えたようだ。

新型コロナの影響で一時中断した撮影も10月28日にクランクアップを迎えており、放送は11月27日まで(28日には振りかえり放送あり)。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本