エール第94回・長崎の鐘作者との出会い

2020.10.21 08:15

『長崎の鐘』原作者の永田武医師(吉岡秀隆)のもとを訪れた裕一(窪田正孝) (C)NHK

(写真5枚)

戦争が終わり、戦後の日本が描かれる連続テレビ小説『エール』。第94回(10月22日放送)では、新たな出会いが裕一をまた一歩前へと突き動かす。

ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の音楽を無事に書き上げた裕一(窪田正孝)。池田二郎(北村有起哉)は、そんな彼に映画『長崎の鐘』の主題歌を作らないかと声をかける。

原爆の現実を克明に描いたこの作品と向き合うことで、以前のような恐怖がぶり返さないか、妻の音(二階堂ふみ)は裕一の事が心配だ。

しかし裕一は前に一歩進むため、自ら進んでこの依頼を受け、原作者の永田武医師(吉岡秀隆)に会うために、長崎に向かう。

今週は吉岡秀隆や中村ゆり、板垣瑞生、持田将史らが登場。本ドラマは、予定していた全130回から10話分短縮して24週・全120回に変更される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本