エール第93回・歌詞に突き動かされる裕一

2020.10.20 08:15

曲の完成を喜ぶ音(二階堂ふみ)と裕一(窪田正孝) (C)NHK

(写真5枚)

戦争が終わり、戦後の日本が描かれる連続テレビ小説『エール』。第93回(10月21日放送)では、ついに主人公・裕一の心が動き始める。

ラジオドラマ『鐘の鳴る丘』の音楽を裕一(窪田正孝)に依頼するため、再度古山家を訪れた劇作家の池田二郎(北村有起哉)。

戦争中に自分がした事に責任があるといって断ろうとする裕一に対し、「戦争の悲劇からの復活を真っ向から描くこのドラマの音楽は、先生にしか書けない」と説得する。

池田は、「苦しんでいる子どもたちを励まして欲しい」と言って主題歌の歌詞を置いて出直し。すると、詞を読んだ裕一が、その力強さに心動かされ・・・。

今週は吉岡秀隆や中村ゆり、板垣瑞生、持田将史らが登場。本ドラマは、予定していた全130回から10話分短縮して24週・全120回に変更される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本