朝ドラにミュージックティ再び「新しい御手洗が登場します」

2020.10.17 08:15

怪しい雰囲気の部屋で音(二階堂ふみ)と再会する御手洗清太郎(古川雄大) (C)NHK

(写真3枚)

生々しい戦争描写が話題となった連続テレビ小説『エール』(NHK)。戦後が描かれる第18週よりミュージックティーチャー・御手洗清太郎の再々登場が発表され、演じる古川雄大からコメントが届いた。

終戦を迎え、少しずつ光が差す戦後が描かれる第92回(10月20日放送)から登場する御手洗。古川が「ヒゲを生やした、新しい御手洗が登場します!」と言うように、写真では占い師のような怪しい姿が見られる。

「今回もとても素敵に御手洗を描いてくださっていますので、戦後の混沌とした時代のなかでも希望となれるように、明るく御手洗を演じました。ぜひ、登場のシーンでクスッとしていただきたいです」と、相変わらずのキャラクターは健在のようだ。

また、「今回は音さんの新しい歌の先生であり、御手洗の友人でもあるベルトーマス羽生とのコンビも楽しんでもらえたら」と新キャラとの絡みも期待大。

最後には、「戦後、曲が書けない裕一さんを音さんが支えていきますが、さらに裕一さんが預かっていた音さんの夢を叶えていくところも、とても魅力的に描かれています。どうぞ最後まで『エール』の応援をよろしくお願いいたします」と見どころを紹介した。

番組の担当者によると、92回以降も度々登場するとのこと。ミュージックティ・ファンにとっては楽しみがまた増えた。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本