ドリフターズと8時だョ!全員集合、その裏側にNHKが迫る

2020.10.14 20:15

最高視聴率50.5%をたたき出した『8時だョ!全員集合』でのドリフターズ(C)NHK

(写真8枚)

半世紀前、視聴率50%超えの怪物番組『8時だョ! 全員集合』(TBS系)を生み出したグループ「ザ・ドリフターズ」。10月20日放送のドキュメンタリー『アナザーストーリーズ 運命の分岐点』(BSプレミアム)では、彼らの軌跡を追う。

40代以上のお父さん世代なら懐かしいはずだ。毎週、土曜日の8時はテレビの前。「志村~うしろ~」とか「カトちゃんペッ」で小学生から大人まで大爆笑していた。

そんな昭和のお笑いの王者である一方で、彼らはビートルズの前座を勤めるほどのバンドマン。実は彼らのほかにもお笑いをするバンドマンはクレイジーキャッツなど、歴史に名を残すバンドも多い。

音楽と笑いには共通点があるのか、「リズムにテンポ、言葉に頼らず、体で表現して初めて笑える」とは、リーダー・いかりや長介の言葉だ。

現在とはひと味違った笑いの原点。そして途中参加した志村けんの苦悩。番組ではドリフのメンバー3人が集結し、彼らの笑いの原点を解き明かす。

エピソード『ザ・ドリフターズの秘密 ~バンドマンが笑いを生んだ~』は、BSプレミアムで10月20日・夜9時からの放送。

文/谷知之

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本