エール第83回・裕一、予科練の若者へ会いに

2020.10.6 08:15

土浦海軍航空隊を訪れ、若者を激励する裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真5枚)

太平洋戦争に突入した連続テレビ小説『エール』。第83回(10月7日放送)では、主人公・裕一が曲作りのために予科練の若者へ会いに出かける。

海軍の航空機搭乗員となるために学ぶ海軍飛行予科練習部(通称・予科練)を題材にした映画『決戦の大空へ』の曲作りに取り組み、一度は曲を書きあげた裕一(窪田正孝)。

しかし、「予科練の若者の気持ちをもっと熱く深く表現したい」と、曲の発表を延期してもらい、彼らの日常を体験するため土浦航空隊へ向かう。

一方、裕一が不在の古山家に、現在は新聞記者の鉄男(中村蒼)が来訪。取材中に聞いた戦争に関する噂話を、裕一の妻・音(二階堂ふみ)に伝えるのだった。

本ドラマでは今後、裕一が戦地で出会う従軍記者や兵士の役に、片桐仁や萩原利久らが出演。

ドラマ後半の新キャスト発表の際に窪田は、「戦時中、戦後をみなさんとお芝居させてもらうなかでたくさん刺激を受け、裕一の心にも新たな変化が起きていることを実感しています」とコメントしている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本