エール第82回・戦時中も抱く一筋の希望

2020.10.5 08:15

笑顔を見せる音(二階堂ふみ)と華(根本真陽)の親子(C)NHK

(写真5枚)

太平洋戦争に突入した連続テレビ小説『エール』。第82回(10月6日放送)では、戦時中にも抱く一筋の希望が描かれる。

裕一(窪田正孝)のもとを訪れたのは、東都映画の三隅(正名僕蔵)。海軍航空隊の予科練習生を主題とした映画の曲作りを依頼しに来たのだった。

そして召集令状の届いていた裕一は、これまで数々の作曲により国に多大な貢献をしているということを理由に召集を解除。

しかし一度は覚悟を決めていただけに、喜ぶ妻の音(二階堂ふみ)とは対照的に裕一は内心複雑だった。

一方、音の実家がある豊橋では、集会での礼拝を禁止された母・光子(薬師丸ひろ子)たち信徒が集まって話し合っていた・・・。

今後、裕一が戦地で出会う従軍記者や兵士の役では、片桐仁や萩原利久らが出演。

ドラマ後半の新キャスト発表の際に窪田は、「戦時中、戦後をみなさんとお芝居させてもらうなかでたくさん刺激を受け、裕一の心にも新たな変化が起きていることを実感しています」とコメントしている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本