エール第80回・徐々に鳴り響く不協和音

2020.10.1 08:15

古山家で酒を飲み交わす3人。左から木枯正人(野田洋次郎)、古山裕一(窪田正孝)、村野鉄男(中村蒼)(C)NHK

(写真3枚)

時代が戦時中へと移り変わった連続テレビ小説『エール』。第80回(10月2日放送)では、裕一と音を含めて周囲に不協和音が鳴り始める。

音楽挺身隊の活動に取り組み、手応えを感じていた音(二階堂ふみ)。しかし、戦争が激しくなっていくにつれ、戦争に協力していくことへの疑問を抱き始める。

一方、裕一(窪田正孝)のもとには、「一緒に飲もう」と鉄男(中村蒼)が木枯(野田洋次郎)をつれて来訪。久しぶりに裕一たちは楽しい時を過ごす。

そんななか、今の世のなかの空気が合わず、創作から離れていると話す鉄男と木枯。

しかし裕一は戦争の今、やれることをやるしかないのではないかと話す。

本ドラマは、予定していた全130回から10話分短縮して24週・全120回に変更。最終回は11月27日となり、28日は最終週の振りかえりが放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本