エール第77回・婦人会の熱量に圧倒される音

2020.9.28 08:15

『エール』第77回より。音(二階堂ふみ)に辛く当たる佐々木克子(左:峯村リエ)(C)NHK

(写真5枚)

時代が戦時中へと移り変わった連続テレビ小説『エール』。第77回(9月29日放送)では、音の周囲にも変化が現れる。

近所の子どもたちを集めて、音(二階堂ふみ)が開いてきた音楽教室。しかし、戦争が激しくなるにつれて、ひとりまた1人と生徒たちがやめていき、とうとうハーモニカで参加していた弘哉(山時聡真)だけになってしまう。

ある日、姉の吟(松井玲奈)に連れられて、さぼりがちな婦人会に半ば強制的に参加することになった音。しかし、婦人会の班長(峯村リエ)たちの熱心さに圧倒されてしまう。

そんな音に、ある手紙が届いて・・・。

本ドラマは、予定していた全130回から10話分短縮して24週・全120回に変更。最終回は11月27日となり、28日は最終週の振りかえりが放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本