藤井聡太二冠のNスペ、師匠やAIの分析から彼の進化に迫る

2020.9.20 18:15

史上最年少で⼆冠を達成した藤井聡太二冠(C)NHK

(写真5枚)

18歳と1カ月で棋聖と王位の二冠となり、同時に八段に昇段した藤井聡太。二冠は28年ぶり、八段は62年ぶりの記録更新で、将棋界の歴史を塗り替え続けている。そんな怪物の進化の背景を分析するNHKスペシャル『藤井聡太二冠 新たな盤上の物語』(NHK)が、9月20日に放送される。

4年前のプロ入り当時、NHKの番組で色紙に「最強の棋士」という目標を書いていた彼。新型コロナウイルスの影響で対局が無くなり、50日間の空白期間を経てからの対局にも驚くほどの変化があった。

トップ棋士相手に次々と繰り出す「将棋のセオリーを覆す一手」は、師匠の杉本八段も「子どもの頃によく差していた自由な発想の手だ」と彼の根本的な将棋の発想について語る。

タイトルを獲得するまでにあった苦悩の日々やタイトル戦の盤上での知られざるドラマ「頭脳の格闘技」がどのように繰り広げられていたのか。本番組では、棋士たちの証言やAI分析などを通じて藤井聡太二冠に迫る。

放送はNHK総合で9月20日・夜9時から。また、22日・深夜24時半から再放送される。

文/谷知之

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本