エール第73回・書き直しに苦労する鉄男

2020.9.22 08:15

おでん屋台の傍ら作詞に勤しむ鉄男(中村蒼)(C)NHK

(写真5枚)

本放送が再開され、徐々に戦争の時代へと向かう連続テレビ小説『エール』。第73回(9月23日放送)では、軍依頼の作詞に鉄男が苦労する。

吟の夫の智彦(奥野瑛太)から依頼された映画『暁に祈る」』の主題歌制作に取りかかった福島三羽ガラスこと、古山裕一(窪田正孝)・村野鉄男(中村蒼)・佐藤久志(山崎育三郎)の3人。軍は厳しく、鉄男の歌詞は何度書き直しても了承を得ることができない状況が続いていた。

一方、裕一の妻・音(二階堂ふみ)が開く音楽教室に来ている弘哉(外川燎)は、歌が下手で教室を辞めようとする。しかし、裕一に教えてもらったハーモニカで参加するようになり、古山家の長女・華(田中乃愛)もなついて家族ぐるみでつきあいを深めるようになる。

本ドラマは、予定していた全130回から10話分短縮して24週・全120回に変更。最終回は11月27日となり、28日は最終週の振りかえりが放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本