エール第75回・心揺さぶる、師を思う歌詞

2020.9.24 08:15

自分が書いた歌詞への思いを語る鉄男(中村蒼)(C)NHK

(写真5枚)

本放送が再開され、徐々に戦争の時代へと向かう連続テレビ小説『エール』。第75回(9月25日放送)では、悩んでいた鉄男が歌詞を完成させる。

古山家をたずねてきた藤堂先生(森山直太朗)から、出征することになった自分の事を思って歌詞を書いてくれないかとお願いされた鉄男(中村蒼)。これまでになく気持ちを込めて、歌詞を書きはじめる。

数日後、完成した歌詞を携えて裕一(窪田正孝)と鉄男は陸軍の智彦(奥野瑛太)の元へ。戦いに行く人の心に近づきたいと祈りながら書いた『暁に祈る』は、やがて世に出て大ヒットし、ついに福島三羽ガラスが世に出るのだった。

本ドラマは、予定していた全130回から10話分短縮して24週・全120回に変更。最終回は11月27日となり、28日は最終週の振りかえりが放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本