ハナコ岡部が森七菜に恋心「エール撮影初日でやられました」

2020.9.18 07:45

第69回より、話をする梅(森七菜)と五郎(岡部大)(C)NHK

(写真5枚)

第14週(第66回〜70回)の連続テレビ小説『エール』(NHK)は、新人賞を獲った作家の関内梅(森七菜)と作曲家を目指す青年・田ノ上五郎の物語。五郎を演じる岡部大が、その見どころをコメントした。

「実は、僕の撮影初日が梅ちゃんに告白されるシーンだったんです!」と興奮冷めやらぬ岡部。「リハーサルでは、少しタメて『好き』だったんですが、本番ではすごくタメて『好き!』で、初日でやられましたね(笑)」と明かした。

「監督とも、五郎は暮らしのなかで梅を好きになっていたようにしようと話していましたが、僕的には完全に最初のシーンでメロメロになっていました」と、役柄だけでなく自身も梅へ恋心を持ったようだ。

また、「梅を演じる七菜ちゃんもすごくすてきなんです。僕自身、女優さんとの絡みがほぼなかったので、最初は僕の方が戸惑っていましたが、七菜ちゃんから僕らのコントを見てくれていると話しかけてくれて、それで打ち解けることができました」とも。

「ハナコのコントで、僕が犬になりきるコントがあるんですけど、そのマネをしてくれたり。その天真爛漫さに打ちのめされて、七菜ちゃんにもメロメロでしたね(笑)」と結局、森にも淡い恋をしたようだ。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本