エールで朝ドラ5作目の中村ゆり「しっかり応えなければ」

2020.9.14 15:15

連続テレビ小説『エール』に出演する中村ゆり

(写真1枚)

連続テレビ小説『エール』(NHK)の本放送が、9月14日より再開。物語の後半を支える出演者のひとりとして女優・中村ゆりの出演が発表された。

2003年に女優として活動をはじめて以降、さまざまなドラマや映画で活躍する中村。朝ドラも、『おひさま』(2011年前期)、『梅ちゃん先生』(2012年前期)、『花子とアン』(2014年前期)、『わろてんか』 (2017年後期)と出演し、本作で5作目となる。

これまでの朝ドラ出演作について、「いつも何かを背負っていたり、大切な事を伝える役割であったり、やりがいのある役をいただいて、本当にありがたく思っています。エールにおいても、凄まじい時代を生きた人々の代弁をしっかりと出来るように、心して挑む気持ちです」と中村。

今回演じるのは、原爆投下直後の長崎で被爆者の治療をおこなう医師・永田武(吉岡秀隆)の妹・ユリカで、兄の武を助けながら原爆で荒廃した長崎の復興に尽力する役だ。

「私も楽しく拝見していたエールからお声掛けいただき、とてもうれしくありがたい」という中村。

台本を読んで、「その時代にとって、重要であり、大切なエピソードを担わせていただく事に、しっかりと応えなければと、勉強しなければと思いました」と気を引き締めた。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本