コロナと人類の戦い、日本が直面した第一波をNスペが特集

2020.8.28 07:15

国の専門家会議 (C)NHK

(写真7枚)

いまだ終息への糸口が見いだせずにいる新型コロナウイルス感染症と人類の戦い。この感染爆発によって世界や日本がどのような変革を迫られるのか、進行する危機と向き合いながら未来を展望するNHKスペシャル『パンデミック 激動の世界』シリーズ(NHK総合)が、8月末よりスタートする。

初回と第2回を8月29日・30日に2夜連続で放送する同番組。まずは、日本の新型コロナウイルス第1波への対応を、100人以上の当事者への取材から検証していく。

第1回に掘り下げるのは、10年前にまとめられた新型インフルエンザの流行後の提言。日本はその教訓を活かせず、未知のウイルスを前に瀬戸際まで追いつめられてしまうのだが・・・

そして後編の第2回では、医療崩壊の危機やPCR検査の根詰まり、政治と科学の境界など、日本が直面したさまざまな問題にフォーカス。果たして、日本は新型ウイルスの再流行を乗り越えることができるのか・・・。

サブタイトルに「ウイルス襲来 瀬戸際の133日-前編・後編-」と題された同番組。両日とも夜9時から放送される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本