ムツゴロウさんが漫画家五十嵐大介と対談、Eテレで奥義披露

2020.8.28 19:15

『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』に出演する畑正憲(右)と五十嵐大介 (C)NHK

(写真7枚)

「ムツゴロウさん」の愛称でおなじみの作家・畑正憲が、『SWITCHインタビュー 達人達(たち)』(Eテレ)に出演。漫画『海獣の子供』など、その美術的画風で注目される漫画家・五十嵐大介と対談をおこなう。

作家のほかにも動物研究家、画家、プロ雀士など数々の肩書を持つ畑。1972年に「ムツゴロウ動物王国」を開園し、1980年から21年間に渡り放送された『ムツゴロウとゆかいな仲間たち』(フジテレビ系)ではさまざまな動物の生態を紹介して多くの人に動物の魅力を伝えた。

番組前半の舞台は、畑が40年以上暮らしてきた北海道中標津町のログハウス。85歳を迎えた今もここで執筆や描画など精力的に活動しているという。

子どもの頃、ムツゴロウの動物番組を見て畑に憧れてきた五十嵐。対談では畑に動物とのコミュニケーションについて訊ね、畑はこれまで封印してきた奥義を披露する。

番組後半は屋外へ出てインタビューアーが交代。畑が、五感以上の感覚で世界を捉えたかのような五十嵐の独特な作品の源に迫る。

すると名だたる文化人からの評価も高い五十嵐に、畑はある意表を突く宿題を与え・・・。自然や動物との向き合い方や、創作の原動力などを語り合う今回の放送は、8月29日・夜10時からEテレにて。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本