再びエール第53回・浩二が苛立つ理由

2020.8.27 08:15

弟の浩二(佐久本宝)と話し合う裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真5枚)

本放送の再開に向け、第65回まで再放送を続ける連続テレビ小説『エール』。第53回(8月28日放送)では、主人公・裕一が福島の家族や仲間たちとの再会を果たす。

久しぶりに実家に帰ってきた裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)。機嫌の良くなった父・三郎(唐沢寿明)が、裕一らを囲んで宴会を開くことに。

幼なじみの史郎(大津尋葵)や、家業の呉服屋「喜多一」の元従業員らなど、懐かしい面々が集まり再会を喜んでいると、役場に務めている弟の浩二(佐久本宝)が帰宅。

浩二は相変わらず裕一に冷たく、苛立っている様子を見せる。そんななか、音は三郎のある異変に気付いて・・・。

再放送・第49回(8月24日放送)から54回(29日放送)までの副音声は、堀内敬子が演じる菊池昌子が担当。特別副音声付きの再放送は9月11日まで継続し、14日からは本放送再開が決定している。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本