再びエール第47回・裕一に新たな出会い

2020.8.20 08:15

環(柴咲コウ)と話す音(二階堂ふみ)(C)NHK

(写真5枚)

収録が一時中断したことで、再放送が続いている連続テレビ小説『エール』。第47回(8月21日放送)では、裕一の妻・音が憧れの歌手・双浦環との距離を近づける。

木枯(野田洋次郎)から、作詞家・高梨一太郎(ノゾエ征爾)を紹介された裕一(窪田正孝)。木枯のヒット曲『酒は涙か溜息か』を作詞した高梨は、裕一の『福島行進曲』を気に入り、自分の詞にも曲をつけてほしいと頼む。

一方で、オペラ公演『椿姫』に向けて稽古に励む裕一の妻・音(二階堂ふみ)。なかなかうまくいかない日々が続くが、ひとり居残って練習をしていると、そこに双浦環(柴咲コウ)が現れ・・・。

再放送・第43から48回までは、音の妹・関内梅(森七菜)が副音声を担当。特別副音声付きの再放送は9月11日まで継続し、14日からの本放送再開が決定している。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本