再びエール第29回・手立てを探す音

2020.7.30 08:15

話し合う音(二階堂ふみ)と姉の吟(松井玲奈)(C)NHK

(写真4枚)

収録が一時中断したことで、再放送が続いている連続テレビ小説『エール』。第29回(7月31日放送)では主人公・裕一を音楽の道へ戻すため、音が奔走する。

英国への留学が取り消しとなり、心を閉ざしてしまった裕一(窪田正孝)。そんな裕一が再び音楽の道に戻る手立てを探すため、音(二階堂ふみ)はレコード会社を回って売り込みを続けていた。

ある日、音は姉の吟(松井玲奈)のお見合い相手・鏑木(奥野瑛太)の紹介で、以前訪ねたことのある「コロンブスレコード」を再び訪れることになる。

前回はすぐに断られた音だったが、再訪を知ったディレクターの廿日市誉(古田新太)が駆け寄り、驚くべき話を持ちかけられる。

再放送・第25~30回の副音声は、村野鉄男(中村蒼)が担当。なお8月も再放送は続き、放送再開時期は状況を見ながら検討するという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本