再びエール第5回・作曲に夢中な裕一

2020.7.2 08:15

いじめっ子から逃げる裕一(石田星空) (C)NHK

(写真4枚)

収録の一時中断により、あらためて初回より再放送される連続テレビ小説『エール』。第5回(7月3日放送)では、作曲に夢中な主人公・裕一(石田星空)にある危機が訪れる。

戦後恐慌により急激な不況に見舞われた日本。裕一の父・三郎(唐沢寿明)が営む呉服屋「喜多一」にも影響が及び、店の経営が行き詰まる。

経営を立て直すために必要な金を借りようと奔走するも、ことごとく断られる三郎。残る頼みの綱は、妻・まさ(菊池桃子)の兄・茂兵衞(風間杜夫)のみとなる。

一方、作曲を楽しむようになった裕一は、三郎から楽譜を買ってもらうが、そんな裕一を妬むいじめっ子の太郎(田村継)と史郎(細井鼓太)が楽譜を奪ってしまい・・・。

再放送の副音声には、本編に合わせて出演者による番組解説も放送され、第1~6回は佐藤久志(山崎育三郎)が担当。なお、6月16日より収録は再開されており、状況を見ながら放送再開時期は検討されるという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本