再びエール第3回・自分に向けられる声援

2020.6.30 08:15

父・三郎(唐沢寿明)と走る練習をする裕一(石田星空)、弟・浩二(潤浩)(C)NHK

(写真5枚)

収録の一時中断により、あらためて初回より再放送される連続テレビ小説『エール』。第3回(7月1日放送)では、ある人物との出会いが裕一を後押しする。

蓄音機から流れる西洋音楽にすっかり夢中になっている裕一(石田星空)。しかし、運動会の日が近づくにつれて憂鬱な気持ちを募らせていた。

元気付けようとする父の三郎(唐沢寿明)と一緒に速く走る練習をする裕一だが、運動会の練習では失敗続き。みんなの足を引っ張ってばかりになってしまう。

そんななか、真面目に取り組んでいないと思われ体育教師に叱られる裕一。しかし、赴任してきたばかりの藤堂清春先生(森山直太朗)に助けられ、励まされる。そして迎えた運動会の当日・・・。

再放送の副音声には、本編に合わせて出演者による番組解説も放送され、第1~6回は佐藤久志(山崎育三郎)が担当。この日は、神出鬼没な少年時代の自身も初登場する。

なお、6月16日より収録は再開されており、状況を見ながら放送再開時期は検討されるという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本