エール第13週・スター発掘オーディション開催

2020.6.26 08:15

第63回より、ライバルとして火花を散らす御手洗(古川雄大)と久志(山崎育三郎)(C)NHK

(写真9枚)

新人発掘オーディションを巡るバトルが描かれたNHK連続テレビ小説『エール』の第13週。6月27日の放送回では、「スター発掘オーディション!」と第して描かれた、佐藤久志(山崎育三郎)と御手洗清太郎(古川雄大)の熱い戦いを振りかえる。

第13週では、主人公・古山裕一(窪田正孝)が「コロンブスレコード」と契約してから5年の月日が経過。その間、裕一はさまざまな曲を手掛け、安定した作曲家人生を送っていた。

そんななか社をあげて取り組む「コロンブス専属新人歌手」のオーディションが開催。裕一の周囲をざわつかせる。いまだ歌手としてデビューできていない幼なじみの久志をたきつけ応募の意思を固めたかと思うと、裕一の妻・音(二階堂ふみ)に歌の指導をしていた御手洗もオーディション参加のため上京してくる。

2人がライバル心を燃やして自身をアピールする場面や、ミュージカルばりの動きで発声対決をするシーンなど、見どころ満載の今週。第62回ではスピンオフ的に久志の少年時代も描かれ、よりキャラクターの魅力を引き出した。

本ドラマは一時収録を見合わせた影響でいったん放送休止となり、29日からは『エール』を第1回から順次再放送。副音声では本編をバックに出演者による番組解説が入るという。なお、6月16日より収録は再開されており、状況を見ながら放送再開時期を検討するという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本