掛布雅之がエールで歌った六甲おろし「つい間違えそうに」

2020.6.22 08:15

「劇中では、声高々に我々の球団歌『六甲おろし』を歌いながら、改めて先輩方に対して、感謝の気持ちが込み上げてきました」と掛布雅之さん (C)NHK

(写真5枚)

昭和を代表する作曲家の半生を描くNHK連続テレビ小説『エール』。その第61回(6月22日放送)に登場した阪神タイガースOBの掛布雅之さんが、収録時の様子を振りかえった。

劇中では、当時の球団名「大阪タイガース」の球団歌を依頼した掛田寅男役として登場した掛布さん。作曲した主人公・裕一(窪田正孝)とともに歌うシーンが収録されたが、『♪大阪タイガ~ス』と歌っているのですが、僕らの時代は『阪神タイガ〜ス』と歌っていたので、ついつい間違えそうになってしまいました(笑)」と笑顔を見せる。

『六甲おろし』として親しまれている球団歌だが、正式名称は『阪神タイガースの歌』(旧大阪タイガースの歌)。曲への思いは、「球団の歴史が染みこんでいる。我々の1985年の阪神日本一も含まれます。球団を作った先輩方やプレーされてきた選手たちがいたからこそ、僕らの時代の野球があったわけですから」と話す。

また、「今回『六甲おろし』が朝に流れるので、少しでも阪神タイガースを勢いづけることができたらいいなとも思っています。もちろん首位狙いです!」と球団にエールを送った。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本