エール第12週・アナザーストーリー

2020.6.19 08:15

NHKの公式サイトより、第12週に放送された3つのアナザーストーリー

(写真6枚)

NHK連続テレビ小説『エール』のスピンオフがオムニバス形式で放送される第12週。6月20日の放送回では、「アナザーストーリー」と第して描かれた、音の亡き父・安隆と関内家、喫茶「バンブー」の店主夫婦、若き日の双浦環ら、3組それぞれの愛のカタチを振りかえる。

第56・57回は「父、帰る」と題し、あの世から安隆(光石研)が地上に帰省。閻魔大王(橋本じゅん)に与えられた2日間で、主人公の裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)夫婦の家、長女・吟(松井玲奈)の自宅、妻・光子(薬師丸ひろ子)と3女・梅(森七菜)の住む豊橋の自宅を訪れる。

続く第58回は、「バンブー」店主の梶取保(野間口徹)と妻・恵(仲里依紗)のなれ初め。約10年前、古本屋を営む保が、店に現れた女性客・恵に好意を持つ様子が描かれる。2人の間を取り持つ常連客役で俳優・井上順が登場。2005年前期放送の『ファイト』以来、15年ぶりの出演となった。

最後に第59・60回の「環のパリの物語」は、環がオペラ歌手になることを目指して留学したパリでの運命的な出会いの物語。パリ在住の若手画家・今村嗣人(金子ノブアキ)と過ごす生活のなか、夢と恋に心が揺れる環が描かれる。

自称「朝ドラおじさん」のバナナマン日村勇紀が解説する土曜日。本ドラマは一時収録を見合わせた影響で、6月27日でいったん放送休止となり、休止中は『エール』を第1回から再放送することが決まっている。なお、6月16日より収録は再開されており、状況を見ながら放送再開時期を検討するという。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

エルマガジン社の本