エール第57回・父、梅のもとへ

2020.6.15 08:15

小説家を目指すも壁にぶち当たっている梅(森七菜)(C)NHK

(写真4枚)

昭和を代表する作曲家の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『エール』。第57回(6月16日放送)では、あの世から戻ってきた音(二階堂ふみ)の父・安隆(光石研)が愛する家族に会いに行く。

1泊2日で地上に帰る権利がもらえるあの世の宝くじにあたり、10年ぶりにこの世に戻ってきた安隆。地上で過ごす2日目は、豊橋の自宅・関内家にやってくる。

安隆は久々に妻・光子(薬師丸ひろ子)と再会し、かつて共に働いていた馬具職人の岩城(吉原光夫)の仕事ぶりを見て改めて感心する。

そして、光子から末娘の梅(森七菜)が小説家を目指す壁にぶち当たっているという話を聞いた安隆は、梅の前にも現れて・・・。

第12週は、安隆をはじめ、喫茶「バンブー」の店主・保(野間口徹)と恵(仲里依紗)、音の憧れの歌手・双浦環(柴咲コウ)を主役としたドラマのスピンオフがオムニバス形式で放送。また本ドラマは6月27日で一時休止し、その間『エール』を第1回から再放送することが決まっている。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本