エール第22回・手筒花火が響く夜

2020.4.27 08:15

手を握り見つめあう音(二階堂ふみ)と裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真5枚)

昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第22回(4月28日放送)では、裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)の距離がぐっと縮まる。

福島では、イギリスへの留学を目前に控えながら突然姿を消した裕一を家族が探し回っていた。父・三郎(唐沢寿明)は川俣にある裕一の下宿を訪れ、そこで行き先に関する手がかりを見つける。

一方、豊橋では関内家に滞在する裕一のもとに鶴亀寅吉(古舘伊知郎)という人物が訪れる。音の母・光子(薬師丸ひろ子)は鶴亀の言動を怪しむが、一方で音は意外と乗り気な様子。その晩、裕一と音は豊橋でおこなわれる祭りへと出かけ・・・。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本