エール第21回・ついに出会う裕一と音

2020.4.26 08:00

海辺に腰掛ける裕一(窪田正孝)と音(二階堂ふみ)(C)NHK

(写真5枚)

昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第5週(4月27日〜5月1日)は「愛の狂騒曲」と題し、ついに主人公・裕一とその運命の人である音が初対面を果たす。

裕一(窪田正孝)のイギリスへの留学が決まるも、その知らせを受けた文通相手の音(二階堂ふみ)から返事が来なくなってしまった前週。第21回(4月27日放送)では、いてもたってもいられなくなった裕一が、音に会うために愛知・豊橋へ向かう。

音の実家を訪れ、これまで手紙のやりとりだけだった音と初めて顔を合わせた裕一。突然訪ねてきた裕一に音は戸惑いを見せる。一方で裕一は、しばらく関内家に置いてもらえないかと、音の母・光子(薬師丸ひろ子)に頼み込む。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本