エール第16回・裕一の背中を押すのは

2020.4.19 08:30

裕一(窪田正孝)にコンクールのことを伝える鉄男(中村蒼)(C)NHK

(写真5枚)

昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第4週(4月20日〜24日)は「君はるか」と題し、主人公・裕一とその運命の人である音の人生が交わり始める。

裕一(窪田正孝)と旧友の思いがけない再会が続いた前週。第16回(4月20日放送)ではそれから1年余りが経つも、失恋を引きずる裕一は黙々と仕事に取り組む日々を送っていた。

そんな裕一の様子に、銀行の仲間たちはなんとか励ませないかと気を揉む日々。一方で伯父の茂兵衛(風間杜夫)は、裕一が心を入れ替えて熱心に仕事に励んでいると受け取り、やっと養子としてみんなに紹介できると安堵していた。

そんなある日、裕一の幼なじみで新聞社に勤める鉄男(中村蒼)が、取材のために渡された雑誌で「国際作曲コンクール」のことを知り・・・。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本