エール第13回・裕一が生み出す旋律

2020.4.14 08:15

指揮をとる裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真5枚)

昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第13回(4月15日放送)では、裕一が自分の夢に対して大きな決断を下す。

あらためて裕一(窪田正孝)か弟・浩二(佐久本宝)のどちらかを権藤家へ養子に出さねばならない、という問題に直面する古山家。裕一には音楽の道を、浩二には呉服屋「喜多一」を継がせたいと考えていた父・三郎は、なかなか結論が出せずにいた。

その最中、ついに裕一が所属するハーモニカ倶楽部が定期演奏会の本番を迎える。客席で三郎、そして母のまさ(菊池桃子)が見守るなかで演奏する裕一。三郎たちは裕一たちが奏でるハーモニカアンサンブルの美しい旋律に感動するのだが・・・。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本