エール第12回・難航する曲作りの末に

2020.4.13 08:15

オリジナル曲の作曲に勤しむ裕一(窪田正孝)(C)NHK

(写真4枚)

昭和を代表する作曲家の半生を描く連続テレビ小説『エール』。第12回(4月14日放送)では、裕一が定期公演で演奏するための曲づくりに苦戦する。

ハーモニカ倶楽部の定期公演で演奏する曲を作らないかと誘われた裕一(窪田正孝)。しかし倶楽部の会長・館林(川口覚)もオリジナル曲を作曲しており、演目を巡って裕一と争うことになる。

負けじと作曲に挑む裕一だったが、曲づくりは難航。同じく、元いじめっ子で今では倶楽部の仲間である史郎(大津尋葵)も、バスパートばかりで演奏を楽しめないと悩んでいた。

一方、そんな裕一の音楽を応援したい父・三郎(唐沢寿明)のもとに、伯父の茂兵衞(風間杜夫)が訪れる。後継ぎを望む茂兵衞に養子を再度頼まれるのだが・・・。

音楽とともに生きた夫婦が、激動の時代を二人三脚で歩んでいく本作。新型コロナウイルスの感染拡大防止のため現在ドラマ収録を見合わせており、今後の予定は番組表や公式サイトで発表される。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本