スカーレット第145回・やり場のない感情

2020.3.22 09:00

八郎(松下洸平)に心情を吐露する武志(伊藤健太郎) (C)NHK

(写真5枚)

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第25週(3月23日〜28日)では「炎は消えない」と題し、喜美子が武志と過ごす日々のいとおしさをかみしめる。

喜美子(戸田恵梨香)らが骨髄移植のドナー探しに奮闘した前週。第145回(3月23日放送)では、武志(伊藤健太郎)が念願の作品を完成させ、その出来と充実した武志の表情に喜美子も喜ぶ。

しかし、達成感を味わう一方で自分の体に異変を感じる武志。大崎医師(稲垣吾郎)のもとを訪れ、薬の副作用で味覚がおかしいことを告げる。

家では、武志の作品完成を祝おうと八郎(松下洸平)が食事を準備するが、武志がやり場のない感情を初めて爆発させ・・・。

半年に及ぶ放送もいよいよクライマックス。残りわずかで、週末の3月28日まで。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本