温泉・アート・フェリーの「瀬戸内・松山」女子旅[PR]

2020.3.27 06:00

夏目漱石の小説『坊つちやん』にも登場する重要文化財「道後温泉本館」 © TEZUKA PRODUCTIONS

(写真5枚)

温泉、アート、そしてクルーズ・・・。春の女子旅にぴったりの「瀬戸内・松山」。愛媛県松山市にある「道後温泉」は、日本最古の湯としてあまりにも有名です。コンパクトな街並みゆえ、弾丸日帰りでも楽しめる「瀬戸内・松山」の旅をご紹介します。

瀬戸内海の景色を堪能、フェリー「シーパセオ」

2019年「グッドデザイン賞BEST100」にも輝いたフェリー「シーパセオ」

2019年8月に登場した瀬戸内海汽船「シーパセオ」は、松山~広島間を運航。『海上の公園』をコンセプトに、フェリーの外観はもちろん、船内もおしゃれ。瀬戸内海を広島側から船で移動し、海上からの景色を存分に堪能して!

瀬戸内海汽船「シーパセオ」
http://setonaikaikisen.co.jp/newferry/

道後温泉本館プロジェクションマッピングに感動

毎夜実施される「道後温泉×ネイキッド MESSAGE−火の鳥、到来−」 © TEZUKA PRODUCTIONS 企画演出/NAKED Inc.

明治27年に改築された歴史ある「道後温泉本館」が、幻想的な現代アートと融合! 過去から未来まで行き来する「火の鳥」をテーマに、「道後温泉」にまつわる神話時代から飛鳥時代までを表現した圧巻の映像が楽しめます。

「道後温泉本館」
住所:愛媛県松山市道後湯之町5-6
https://dogo.jp

道後温泉別館 飛鳥乃湯泉の大広間でくつろぎの時間

ギルディング和紙と伊予竹細工で彩られた「大広間休憩室」

日本三古湯「道後温泉本館」の後は、また違った温泉が楽しめる「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」へ。その後は、同温泉2階にある60畳の大広間休憩室で、癒やしのひとときを。聖徳太子が寿国と讃えた雅な世界観が広がります。

「道後温泉別館 飛鳥乃湯泉」
住所:愛媛県松山市道後湯之町19-22
https://dogo.jp/onsen/asuka

愛媛の絶品ご当地グルメ、「鯛めし」は必食!

プリプリの鯛のうま味と、磯の香りがたまらない「鯛めし」

愛媛の郷土料理としてあまりに有名、新鮮な鯛のお刺身と黄身入りのだし汁をご飯にぶっかけていただく「鯛めし」。「道後温泉」の周辺には、絶品の「鯛めし」が食べられるお店が点在。松山ならではの鯛めしを、旅のフィナーレにぜひご堪能あれ。

このエリアは、女子旅には欠かせないオシャレなカフェやおいしいグルメがいっぱいで、コンパクトな街並みゆえに弾丸日帰りでも楽しめるのがポイント。この春は、魅力いっぱいの瀬戸内・松山を巡る女子旅をぜひ!

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本