スカーレット第106回・高校生に成長した武志

2020.2.5 08:15

「作陶を久しぶりにやる?」と武志(伊藤健太郎)に訊ねる喜美子(戸田恵梨香)

(写真5枚)

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第106回(2月6日放送)では、ときが流れて昭和53年の川原家が描かれる。

40歳になり、女性陶芸家の草分けとして活躍する喜美子(戸田恵梨香)。喜美子の作品は高値で売れ、借金も返済できて暮らしはだいぶ豊かになった。

そして息子・武志(伊藤健太郎)は高校2年。そろそろ進路を決める頃だ。

ある日、祖母・マツ(富田靖子)が旅行に出かけ、喜美子と武志が2人で過ごしていると、信作(林遣都)がやってきて、中身を言わず、武志にあるものを渡して去っていく。

理想の焼き色を追い求め、喜美子が情熱を燃やす第18週。放送は2020年3月28日までの全150回。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本