スカーレット第94回・夢に近づく提案

2020.1.22 08:15

電気釜の修理を終え、八郎(松下洸平)にあることを伝える窯屋さん(テンダラー・浜本広晃)、三津(黒島結菜)、喜美子(戸田恵梨香)©NHK

(写真1枚)

女性陶芸家・川原喜美子の半生が描かれるNHK連続テレビ小説『スカーレット』。第94回(1月23日放送)では、窯の故障をきっかけに八郎が喜美子にある提案をする。

「かわはら工房」の電気窯が故障してしまい、喜美子(戸田恵梨香)と八郎(松下洸平)は焼き上げ前の大量の小皿をどうするか考えていた。

期日に間に合わせねばと悩む2人だったが、照子(大島優子)の好意で「丸熊陶業」の窯で焼いてもらえることになり、事なきを得る。

今回の騒動を受け、八郎から喜美子へある提案が。それは信楽焼の古いカケラの色合いを再現したいと願う喜美子にとって、希望に近づける思わぬものだった。

一方、正式に結婚の挨拶をしたいと機会を探る信作(林遣都)と川原家の三女・百合子(福田麻由子)だったが、窯の故障騒ぎでタイミングを逃してしまい・・・。

喜美子がある目標を目指して奮闘する第16週。放送は2020年3月28日までの全150回。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本