スカーレット後半に、烏丸せつこ出演決定

2020.1.9 16:00

元祖グラビア女優といわれ人気を集めた烏丸せつこが連続テレビ小説『スカーレット』に出演 画像提供:NHK大阪

(写真1枚)

滋賀県の信楽を舞台に、現在放送中のNHK連続テレビ小説『スカーレット』。その後半の物語を彩る配役に、滋賀県大津市出身の女優・烏丸せつこの出演が発表された。

1979年に6代目クラリオンガールに選ばれて芸能界デビューした烏丸。抜群のプロポーションで人気を集め、これまで大河ドラマ『功名が辻』などドラマや映画で活躍している女優だ。

昨年末の取材会で『スカーレット』の内田チーフプロデューサーが、「大久保さんやフカ先生に変わる、喜美子を成長させる人も登場します」と明かしていたのが、今回烏丸が演じる小池アンリ。

喜美子の作品を求めて工房を訪れ、しだいに喜美子との間に不思議な友情が芽生える関係性で、天真らんまんで芸術にも独特な感性を持つアンリが、喜美子に影響を与えることになるという。

烏丸は、「信楽の里に、小池アンリという『つむじ風』が吹き込みます。喜美子の心にどんな変化をもたらすのでしょうか」と、その役柄に期待。「地元愛を込めて、楽しみながら演じたいと思います」と抱負をコメントした。

内田プロデューサーが「その配役は『おっ!』と思うかもしれませんね」と話していた烏丸の出演は、2月中旬頃からの予定。

  • LINE
  • お気に入り

関連記事関連記事

あなたにオススメあなたにオススメ

人気記事ランキング人気記事ランキング

写真ランキング

コラボPR

合わせて読みたい合わせて読みたい

人気記事ランキング人気記事ランキング

関連記事関連記事

コラム

ピックアップ

写真ランキング

エルマガジン社の本